経営と費用収益処理について

経営を進めていくうえで、株主などに正確な企業情報を開示することは大事であるとともに義務とされています。現在の日本の企業に求められている会計原則の一つに、費用収益対応の原則というものがあります。これは、発生した費用に対応して収益を計上していく考え方で、例えば固定資産を購入した際に、出費した全額を支払った年度に費用計上するのでなく、減価償却で使用期間で費用を按分していく処理もこの原則に基づいています。企業経営を進めていくなかで、費用を多く計上したいとか、操作したい状況になることも多いと思いますが、正しい会計処理をすることが大事です。法人税の追徴課税の対象となる危険性もあるので注意したいです。

費用収益対応の原則とは文字通り、費用(お金等)を費やしてどれだけ収益を得ることができるのかという、その二点の対応関係をまとめた原則のことであります。経営者としてはこのポイントをきちんと頭に入れておかないとすぐに赤字となってしまいそのまま企業が潰れてしまうということも多々あるので注意しなくてはならない事柄であります。また、そもそも費用をどれだけかけてどれだけの収益を上げられるのかというデータを入手することは容易ではなく過去のデータをもとにして将来を予想するということがなかなか困難であるというのも事実です。経営は生き物ですので、日々の情報収集が必須なのです。

動画、DVDの再生は、みんなのGOMPLAYERで