経営にはマーケティングが必須

企業経営をするなら、マーケティングは避けては通れないものになっています。どのようなニーズがどれくらいあるのかを把握することにより、販売戦略を立てることが、収益をあげるにはとても大切だからです。マーケティングの方法は色々とありますが、最も効率的な方法は、アンケート会社などを利用することです。同業他社の広告を見てみたり、広告を出してみて反響を探る方法も悪くありませんが、価格などをころころと変えすぎると信頼性がなくなってしまうこともありますので、慎重に価格設定はするようにしたほうがいいです。いずれにしても経営にはマーケティングが大切であり、正しく市場を把握することが重要です。

マーケティングの意味は長い歴史の中で少しずつ変化を遂げてきました。一般的には広告・宣伝・集客・測範活動のみをマーケティングと呼ぶ事がありますが、厳密にはこれは正しくありません。ではどのように定義づけるのが正しいのでしょうか。冗長にならないよう端的に表現すると、「売れる仕組み作り」という経営戦略となります。これは商品やサービスの購入が期待されている潜在顧客に対して情報を提供して顧客とのコミュニケーションの機会を作り出し、その活動から相互の理解を深めて購買意欲を高め、更にコミュニケーションを重ねて商品・サービスの質向上とリピート購買意欲を高め、顧客の連鎖拡大を促進する、という経営活動の拡大再生産です。ここに利用される知識や技術は心理学・数学・社会学・経済学・文学・芸術など多岐にわたります。