MECEを考慮した経営方針

現在の社会では非常に多くの企業が乱立しており、個人経営者などを含めるとその全数を把握するのは困難です。同業者でも多くの企業があるため、同業他社との差別化を図って、自社独自のサービスを提供することで、顧客へのアピールもできますし、宣伝効果も高まるというものです。この考え方をMECEと言って、直訳すると、「相互に排他的な項目」といった意味があります。他社では取り扱っていない分野のサービスを提供することで自社サービスの特徴を顧客に知ってもらうことができます。こういった視点で経営をすることで、効率よく実績を伸ばしていくことができると考えられています。

与えられた事象をその通りに理解する事は、対象物が複雑なほど難しいものです。論理的思考をするにはピラミッド構造を作り、複雑なものを小さく分けて階層化します。経営戦略であれば市場を分析するのにこの論理的思考が必要になります。論理的思考を行う上で大切なのはMECEです。これはMutuallyEXclusive,CollectivelyExhaustiveの頭文字で、「モレなくダブりなく」です。自社の顧客構成を考える時に、キーワードで切り分けていく際、顧客を「20代」「30代」「学生」「主婦」と分解していくとそれぞれの要素に重なりが出てきてしまいます常にMECEを意識した経営をすれば、正しい答に行き着く事ができます。