5Fを考慮した経営戦略

効率良い経営を進めるために考慮すべきこととして、5Fが挙げられます。5Fとは、以下の5つの競争要因のことです。一つは、新規事業者の参入、二つ目は代替製品の流通、三つ目には仕入れ先の交渉力の向上、四つ目には顧客の交渉能力の向上、五つ目には既存業者との競争です。これらはすべて自社の収益を減少させるリスクとして常に目を光らせておく必要があります。自社製品に何ら不備がなくとも、社会の動きひとつで自社の収益が大きく左右される可能性が十二分にありえるということを理解しておくことが経営において非常に大事になります。

5Fとは業界に影響する5つの力であり、その分析によって経営資源投入優先順位・新規参入可否・事業撤退の判断をすることです。具体的には、売り手の交渉力を指します。新規参入の脅威とは、競合他者の増加の事です。それが容易な業界ならば収益の低下を招く事があります。代替品の脅威とは、自社製品より対比要項化が優れた製品や従来機能を異なる媒体で実現した商品の登場です。こちらも収益低下を招きます。買い手の交渉力とは、買い手側の情報量が大きい場合に電化製品や日用品などで起こる安値販売です。売り手の競争力は少数の企業が業界を寡占している時に起こります。以上が経営における5Fの簡単な説明です。